介護リフォーム助成金について

介護リフォーム助成金の対象とは

7887897bb110591f5cc5562c4eb602a4
介護が必要となった場合、住居のバリアフリーは課題の一つでもあります。しかし、いきなり介護リフォームすると言っても敷居が高いと感じている方も多くいらっしゃると思います。そこで、介護保険住宅改修費用助成制度を利用して介護リフォームをしてみてはいかがでしょうか。手すり1本付けるだけで生活動作が楽になることがあります。

pixta_17112754_M

<受給対象者>
・要介護認定で要支援(1・2)・要介護(1~5)と認定されていること
・リフォームする住宅の住所が被保険者の住所と同一で、本人が実際に居住していること

<助成額>
・助成額の限度は工事費用最高20万円までです。工事費の9割(8割)を支給します。
 ※20万円の枠については、一度に使い切る必要はなく、数回に分けてリフォームを行うここともできます。
 ※要支援・要介護のランクが3段階以上あがったときや、転居した場合などは改めて20万円まで給付を受けることができます。
 ※同居している家族に介護保険のサービスを受けられる対象者が複数いる場合は、それぞれ支給申請を行うことができます。

<助成金支給対象となる介護リフォーム>
・手すりの取り付け
・段差の解消
・洋式便器への取替え
・床の滑り防止
・引き戸などへの扉の取替
・上記のリフォームに付帯する必要な工事

介護保険住宅改修助成金申請の流れについて

ご相談・ご検討

pixta_17359684_M
お問合せを受けて、お宅を訪問しご依頼者様のご希望をお伺いします。ご依頼者様の症状や状況に合わせて、使い勝手のよいものをご提案させていただきます。実際に手すりなどを持参し、感触や大きさなどを確かめていただきます。
家の間取り図を作成し生活動線を調査し、どの位置に、どのような工事が必要か検討します。
介護保険が利用できる要支援・要介護の認定を受けられてない方には、介護認定の申請についての説明をしっかりとアドバイスさせていただきます。

ケアマネジャーに同席していただき、再度、お客様とご相談させていただきます。

理由書作成・見積書作成

pixta_24077868_M
介護保険を利用した住宅改修の申請をするために、ケアマネジャーが書類(住宅改修が必要な理由書など)を作成します。
理由書及び計画図面に基づき、工事費用の見積書を作成します。
工事部分の着工前の写真(日付入)を作成します。

改修前申請

pixta_17453339_M
お住まいの市区町村に住宅改修の事前申請を行います。
申請には事前申請書の他、上記の見積書・図面・住宅改修の理由書などの書類を提出し、介護保険の住宅改修として適当と確認されると「工事前確認通知書」が通知されます。

住宅改修の着工

pixta_2435899_M
工事前確認通知書お内容に従って工事を行います。
工事完了後、ご希望の改修が出来たかを確認し工事代金の支払いをします。

住宅改修の終了報告・住宅改修費の支給

pixta_6420139_M
工事終了後、住宅改修に要した費用の領収書、工事費内訳書、住宅改修後の写真(日付入)等を準備し市区町村に支給申請を行います。
市区町村は、事前に提出された書類の確認、工事が行われたどうかの確認を行い、住宅改修費の支給が適正と認めた場合、申請許可から約2ヶ月後に補助金の支払いが行われます。
scroll-to-top