高齢入居者の粗大ごみ処分

2017-12-22_102404
10月から私は建物巡回のお仕事も行っています。
管理を任されているアパートや貸家等を回って不具合や汚れ等をチェックしているのですが、
賃貸アパートの玄関前や共用部、ベランダ等に物を置いているのをよく目にしますよね!
ある程度(人それぞれ価値観がちがいますが・・)黙認している事がありますが、大量だったり
不衛生だったり、他の入居者に迷惑がかかるのは良くないですよね!
アパートを貸している大家さんだって良い気はしません。

以前から管理を任されているアパート一室の1F玄関前に食器棚、下駄箱、レンジ台等を置いている
お部屋がありました。
よく見るとお皿や靴等、もう使わなそうな物が押し込まれていて見た目も悪い。

大家さん的には、長く住んでくれるのはありがたいけど良い気はしていない様子(-_-)

何とか片づけてもらおうと何度か訪問・お手紙・電話をしたりしましたが連絡取れず。。
入居者は高齢のご夫婦。
もしかしたら捨てたくても運ぶ事や誰かに依頼したりができないのかもしれない!
なんて思いながら何もできずで困っていたのですが、先日別の用で通りかかりダメもとでピンポンしてみると
中から小さな声で「は~い」
出てきてくれたのは笑顔のかわいい小さなお婆ちゃん!

話をしてみると5年前にご主人を亡くして一人暮らし、お手紙も留守電も聞いていたけどどうしたら良いか
分からなくて困っていた様子。
いらないのに運べなくて処分できないなら持っていくよ!
と言うと、嬉しそうに「ホントに、助かるわ」と言ってくれました。

早速選別していらない物は車に積み、玄関前の荷物が半分以下になりました。
(本当は全部片づけたいけど・・)
お婆ちゃんの表情も少し明るくなったような・・(気のせいかな 笑)
細かい物は自分で捨てられるから大丈夫!というお婆ちゃんの言葉を信じて帰ってきました。

帰りの車中、一緒に撤去作業をしてくれた社員さんと、

少しスッキリしてお婆ちゃん良い年が迎えられるね!
大家さんも少し喜んでくれるかな?
気になっていた事が少し片付き、私達も気分が良いね!

と二人で満足感?充実感?でいっぱいでした(^^)