共遊玩具

共遊玩具って聞きなれませんよね?

私は初めて聞いたのですが、共遊玩具とは、目や耳の不自由な子供たちや大人の方々が、
そうでない人々と一緒に遊べるように配慮された玩具の事だそうです。

目の不自由な人のために配慮された玩具には「盲導犬マーク」
耳の不自由な人のために配慮された玩具には「うさぎマーク」がついているそうです。

2016-10-17_155102
2016-10-17_155110
totsu3_3
そして、先日行った国際福祉機器展でも共遊玩具を見かけたのでご紹介します。

これは目の不自由な方でも遊べるオセロ!

コマは取り外せずその場で回転させて使います。
何もない状態から1段階回転させると「つるつる手触りの白」
もう一段階回すと「ガタガタと溝の入った黒」
もう一段階回すと何もなくなるといった感じです。
目の見えない方が手探りで空いてるマスを探してもコマはズレないので問題なく遊ぶ事ができます。

なるほどね~と感心してしまいました。
このような共遊玩具がこれからも増えていく事に期待!