認知症と日常生活自立について

0139e74836229d387254de1a817487ce_s-150x150
うちの母が認知症になった。

そこで介護保険の申請を行った。

元々母は勝ち気な性格の上に人当たりがいい。

本人は口癖のように内臓は丈夫のようだ。

役場からくる介護の担当の質問に、

「どこも悪いところがありません。一人で何でもできます。」

とにこやかに対応する。

過去の申請時は、「非該当」。

来年度から介護保険のハードルが高くなる様だ。

要介護度が下がると、

「介護福祉レンタルサービスが受けられない」

「介護保険限度額が下がって家計を圧迫してしまう」

などの可能性があり、

認知症高齢者の自立度を下げる事にもなりかねない。

「ご存知のように現在の要介護度は

「非該当、要支援1、要支援2、要介護1、要介護2、

要介護3、要介護4、要介護5」とあり

申請者がどれだけ介護サービスを必要としているか、

また申請者に介護サービスを行う必要があるのか

要介護別に分ける制度を、要介護認定と言います。

つまり、申請者の症状の重さとと要介護度は

必ずしも一致するとは限らないと言う事になる。

特に認知症高齢者については、

要介護度と現実がかけ離れてしまっている場合がよくある。」

とネットの記事には書いてあったが。