認知症とアルツハイマー病はどう違うの?

mig
認知症は病名ではなく、

認識したり記憶したり、判断したりする力が障害を受け、

社会生活に支障をきたす状態の事。

この状態を起こす原因の一つに

「アルツハイマー病」がある。

日本人が被患する認知症原因の6割以上が

アルツハイマー病だといわれている。

アルツハイマー病は脳の機能の内、

記憶を司る「海馬」を中心に脳全体が委縮し

脳の神経細胞が減少する。

脳に「老人班」と言うシミが広がる、

脳の神経細胞に糸くず状の「神経源線維変化」が

見つかるといった変化が現れるそうだ。

アルツハイマー病を発症すると記憶障害の

症状が見られ進行に伴って場所、時間、人物などの

認識が出来なくなる「見当識障害」の症状が現れる。

身体機能も低下し動きが不自由になったりする。

進行の度合いには個人差があり数年で

寝たきりになってしまう人もいる反面

10年たっても自立し穏やかに暮らしている人もいるとの事。

アルツハイマー病の根本治療薬は

まだできていない。

とネットの記事に書いてあった。

別の記事には

「アルツハイマー病の治療薬の

実現は早い」と書いてあった。

早期の完成が望まれる。