耐震診断

149
耐震診断とは、既存の建築物で旧耐震基準で設計され耐震性能を保有していない建物を、

現行の構造基準(新耐震基準)で耐震性の有無を確認することです。

1981年(昭和56年6月)以降に新築された建物は新耐震基準で建てられておりこの範疇にない。

旧耐震基準で建てられた建物は、震度6強から7の大地震に直撃されると倒壊してしまう危険が非常に高い。

未だ全国では約900万棟程の建物の耐震化が行われていないのが現状です。

建物の耐震診断を行うことによって建物構造の耐震性が分かり耐震補強案や概算の改修費用を検討することが可能になります。

ということだ。

平成28年4月に発生した熊本地震は平成7年に発生した阪神・淡路大地震と同様に多くの建物が倒壊もしくは一部損壊しました。

熊本地震では特に古い(旧耐震基準で建てられた)瓦屋根の木造家屋が大きな被害を受けました。
           
 (一)日本耐震診断協会 

以上が日本耐震診断協会のH.Pに書いてあった。

耐震診断で一つはっきりしている事実がある。

それは、昭和56年6月以前に建築した建物は耐震工事がほぼほぼ

必要ということで、その判断のために耐震診断がある ということだ。

いつ来てもおかしくない関東地震。

耐震診断をしてできれば耐震リフォームをして

来たるべき災害に備えたい。