笑顔の価値

image2
鉱血圧や動脈硬化を否が応でも考えざるを得ない

状況になって「なぜこうなったんだろう?」と考えた。

普段の自分を考えてみた。

「まてよ、笑顔?忘れてたんじゃないか?笑顔」

と思って笑顔というキーワードをパソコンに入力した。

そしたらあるはアルは。山ほどある。

あるサイトによると、

【笑いの効用】

「笑顔についてディール・カーネギーは

著書≪人を動かす≫の中でこんなことを言っている。」

「元手が要らない。しかも利益が莫大。

与えても減らず、与えられたものは豊かになる。

一瞬間、見せればその記憶は永久に続く。

どんな金持ちでも、これなしには暮らせない。

どんな貧乏人でもこれによって豊かになる。

家族に幸福を、商売に善意をもたらす友情の合言葉。
laughter200908_ttl-pc
疲れた者にとっては、休養。

失意の人にとっては光明。

悲しむ者にとっては、太陽。

悩める者にとっては自然の解毒剤になる。

買うことも、強要することも、盗むこともできない。

無償で与えて初めて値打ちが出る。」と書いてあった。

また別のサイトには、

「人は笑顔一回で280万円の価値を感じる。」との研究結果。

とも書いてあった。

だとすれば、自分の今までの人生はなんだったんだろう?

笑顔のない日を数える方がずっと多い人生だったような

気がする。

お会いした人たちには申し訳なさすぎだ。

病気なって当たり前の人生だ。