白湯の効能が凄すぎる

Fotolia_26208951_XS-min
昨日、

ブロック注射をしてもらう為に

整形外科で順番待ちをしていた。

「白湯の効能が凄すぎる」と言う題の小冊子が目に付いた。

パラパラめくってみていると

「なるほど、」と感心することが書いてあった。

まず


何よりガス代はかかるものの

④原価はタダに近い。

そしてあまり

⑤努力が要らない。

さっそく今朝一度も使ったことのない

赤いケトルで15分煮沸し

これもあまり使ったことのない湯吞みで覚まして

ズズズとすすって飲んだ。

気が付いたのは気のせいか「甘い!」のである。

とても飲みやすい。

ネットで見ると

「なぜただのお湯が健康に良いか」

と言うカテゴリーに

「タダのお湯を飲むことがなぜ効くのだろうか。

白湯健康法について書かれた書籍では、

次のような解説がなされている。

アーユルベーダー(インドの伝統医学)では

人間の身体も「水」「火」「風」の3つの要素で成り立つ。

水を火にかける事で火の性質が加わる。

沸騰すことにより気泡が出てさらに風の性質が加わる。

つまり白湯は「水」「火」「風」の3要素を完全に

満たすものであり、

飲むことにより身体の3要素もバランスを

取り戻すというのだ。」

と書いてあった。