日常生活自立度とは

da-cdb1
「日常生活どれくらいの自立度を維持しているかを

測定するための指標であって

その度合いによって1から4、

それ以上の精神症状が見られる場合はM

と言うランクに分けられる。」

とネットの記載。

「①ランクJ:何らかの障害を有するが、

日常生活はほぼ自立しており独力で外出する。

②ランクA:室内での生活は概ね自立しているが、

介助なしに外出しない。

③ランクB:屋内での生活は何らかの解除を要し、

日常もベッド上での生活が主体である。

④ランクC:一日中ベッド上で過ごし、

排泄、食事、着替えにおいて介助を要する。」

以上厚生労働省より抜粋。

また認知症に関しては

「痴呆性老人の日常生活自立度判定基準」と言う

基準が以下のような区分として平成5年に

厚生省から出ている。

「①ランク1:何らかの地方を有するが、

日常生活は家庭内及び社会的にほぼ自立している。

②ランク2:日常生活に支障をきたすような症状・行動や

意思疎通の困難さが多少見られても、

誰かが注意していれば自立できる。

③ランク3:日常生活に支障をきたすような

症状・意思疎通の困難さが時々見られ、介護を必要とする。

④ランク4:日常生活に支障をきたすような症状・行動や

意思疎通の困難さが頻繁に見られ、常に介護を必要とする。

⑤ランクM:著しい精神症状や問題行動あるいは重篤な

身体疾患が見られ、専門医療を必要とする。」

いずれにしても単身高齢者が増えていて老老介護も限界に

近ずいている昨今、治る見込みのないアルツハイマー病が

社会に蔓延したとき、

いったいどんな社会が出現するのか。

想像をしたくない社会が出現するような気がする。