手摺り取り付け工事

kaigo-reform-304x2021
一昨年の正月、帰省した時もう一つ変化に気が付いた。

玄関の柱と、お勝手の壁に手すりが付けられていた。

普段業務で賃貸アパートにお客様を案内するとき、

靴の脱履に玄関の壁に手をつくことがある。

室内の床高と玄関の床高が同じか、

段差の少ない玄関で、特に壁に手をつく。

そんなとき「なぜ、手すりがないんだろう?」とよく思う。

田舎の実家は室内と玄関の段差が22.5㎝あるので

それほどではないが、取り付けた手摺りがとても便利だ。

同時につけた勝手口につけた手摺りもとても便利だ。

介護リフォーム会社のホームページにリフォームの

施工箇所ランキングで手摺り取り付け工事は

断突の一番で

二番が洋式トイレへの交換であったような記憶がある。

手をつくと壁が汚れたり、

靴の履脱時、腰への負担を考えると

玄関の手摺り取り付けは是非検討した方がいいと思う。