姉歯偽装事件と建築士講習

img01_011
ネットの記事で、「日本で一番有名な建築士」と書いてあった。

姉歯秀次1級建築士である。

2005年に日本を震撼させた「耐震強度偽装事件」である。

建築会社の「ヒューザー」小島進社長の命令で

耐震強度をごまかして設計を行い、

かつ「ヒューザー」はごまかしたことを知りながら、

マンションの販売を続け、

それは「詐欺だ」という事件に発展し、

事態を重く見た当局は2006年4月姉歯を逮捕。

姉歯の妻は姉歯の逮捕前にマンションから

飛び降り自殺をしたという事件にまで発展した。

しかし、この建築工法「姉歯ジェンガ工法」は

一部の建築会社には

熱狂的に支持された。とネットの記事。

そして2008年から建築士講習が始まったのである。

ところでこの講習を受講する一級建築士、

いったい何人いるんだろうか?

この講習が始まった平成20年から

次回更新までの3年間に建築士講習を受講した

1級建築士は54000人、

その間に新たに1級建築士の資格を得た人は13000人、

計6万7000人くらいが実際に

1級建築士の業務に従事していると思われる。

もっとも登録者数は34万人らしいが

廃業や死亡により実際の就業者数は

登録者数の2割と言う事らしい。