危険度レベル「高」これだけは避けたい

efh66-e1465968028288
以前

食品添加物についてブログに書いたことを思い出した。

母や同級生が認知症になったのも食べ物、

特に食品添加物に関係があるのでは?

と思いネットで化学食品の添加物について調べてみた。

まず「食品の腐敗を防ぐため、

私たち消費者の嗜好に合わせるため、

安価に商品を製造し利潤を出すため・・・・・。

多くの「メリット」の為に食品添加物は使用され、

私たちの身の回りにあふれている。

大量生産、大量消費の現代社会で、

私たちは食品添加物の恩恵を受ける反面、

添加物を長期にわたり摂りつずけた結果

起こる体への影響をまだきちんと把握できていない。」

と書いてあった。

しかし、いくら

「多くの食品添加物には発ガン性の可能性がある。」

と言われても

商品の原材料を見ても意味が解らないだろう。」とも。

今日はその中で、

胃の中で発ガン性物質に豹変すると言われている

亜硝酸塩について考える。

考えられるリスク:発ガン性、うつ症状、頭痛、記憶障害、

使用される食品例:食肉加工品、魚肉ソーセイジ、

この亜硝酸塩、

胃の中でニトロソアミンに変化する。

そうだ。

このニトロソアミンの致死量が0,18g、

青酸カリの致死量は0,15gで

ほとんど変わらない。

亜硝酸塩の毒性は青酸カリ並の猛毒であるらしい。

食品添加物としてはごく少量しか使われていない

というのだが、

食べないにこしたことはなさそうだ。