介護リフォームのニーズ

img_235835d3f2488b9ce96f400f02ec66ff108053
要介護レベル4を超えた方が家族による介護のもとに、

普通に暮らしている日本の現状について、

北欧の福祉関係者には驚かれている。

と言う事実があるようだ。

何より、日本の場合は介護を他人任せにせず、

「配偶者や子などの親族による」「自宅での介護」を求める

割合が比較的高いのが特徴だ。

実際、2014年時点でなお、65歳以上の要介護者が

施設を利用する割合が全体の15%にも達していない。

北米の福祉関係者に日本の介護の介護の現場を紹介して

驚かれるのは要介護レベル4を超えた方も

家族や介護スタッフの手厚い庇護のもとで

普通に暮らしていることだそうだ。

日本の介護の現場に必要なことは、

高齢者に対する無償の愛情を占めし、

その生命が自ら消えるまで手厚く保護する仕組みのまま

いくのがのぞましいのか、

欧米のように本人が認識できるうちに

尊厳死を選べるようにするのがいいのか、

いずれにしてもそろそろ考え無ければいけない時期に

来ている。

と言う記事があった。

介護リフォームの実際を見て

「ほんとにそうだ。」

と思った。