サイバーダインと技術的特異点

yjimage16
先日の夕刊に、

サイバーダイン社の作業支援HALが

大手建設会社の作業員用に採用されるというニュースが

載っていた。

今年の夏 つくばのサイバーダイン社に

HALの実物を見に行った私は、

「腰や下肢を保護し人間の作業能力アップの

支援ロボットである。」

と確信していたので

とても良いことだとちょっといい気持になった。

他方、コンピューターが碁の名人に勝つとか

大手通販会社のアマゾンの倉庫内の商品検索指示系統の

トップにAIが取り入れられ

5秒単位で作業員を管理し一定時間

に一定の作業の出来ない人は

その週末に解雇されるというニュースが

少し前出ていた。

銀行のATM端末や飛行機の離着陸など

実際の生活にコンピューターは欠かせないものとなっている。

が、

「技術的特異点」をすぎたテクノロジーは

また別の世界を作ってしまうようだ。

以下のような変革があるとされる。

①人工知能の方が人間より賢くなる。

②人工知能が人間の代わりに技術研究や実験を行う

③人間の脳を完全にデジタル化できる

④医学の進歩により人間を不老不死にできる

⑤人間の仕事が人工知能に奪われ失業問題が起きる。

など。

実験用にラットやマウスを焼いたり脳に電極を入れたりした

人間は今度はコンピューターに

実験用の動物に使われる時代が来るような気がする。

死にたいと言う人間の欲望は、永遠にかなえられない、

何せ不老不死の肉体を手に入れるのだ、人類は。

はたして幸せって何なのだろうか?

サイバーダイン社が作ったHALで

介護支援や作業支援をしてくれるロボット=コンピューター

程度の進歩で人工知能の開発は止まった方がいい

ような気がする。

まかり間違ってもAIのするチェスの駒が

人間になる日が来ないことを祈るばかりだ。