ガッテン!「NASA直伝!魅惑のアンチエイギング」

20161116_main01
2016年11月16日、

水曜日の19;30NHKの「ためしてガッテン!」

NASA直伝?魅惑のアンチエイジング術。

私はたまたま見ていた。

その内容によると

「人間は30分に1回は立たないとダメになる。」

と言う内容だった。

番組によると

「日本人が1日に座っている時間は平均9時間。

最近の研究結果からわかってきたのは

「座りすぎはたばこの喫煙位体に悪い悪習慣。」

だという。

NASAの付けた病名はSitting  Disease(すわり病)。

研究によれば1時間座り続けると22分寿命が縮む。

NASAがすわり病を突き止めたのは、

地球に降り立った宇宙飛行士の多くが

立っていられない状態になったからだそうだ。

NASAの関係者は

「宇宙では、地上の10倍の速さで老化する」

ことが分かった。

と言う。

宇宙では「加齢による老化」とおなじことが

ものすごいスピードで起こるらしい。

無重力状態では

「耳の奥の耳石」がダメになってしまうらしいのだ。

無重力状態になる場所とは実は、

「長時間座り放しになる椅子」のある場所の事。

などが挙げられていた。

座っている間

「耳石はほとんど動いていない」ようで、

「1時間座ると22分寿命が縮む」

というのだ。