高齢者の爪切り

1942826382_206
高齢になると皮膚が乾燥して爪が硬く厚みが出て切りにくくなったりしますよね。
自分で切るのが難しい場合、家族か誰かに頼まなければなりません。

人の爪を切るのは自分の爪を切るより、緊張します。
深爪しないか、肉をはさんでしまわないか、痛くないかなど怖いですよね。

最近ではフットケアと爪切りをしてくれるサロンもでてきてますが気軽に行ける場所にはないし、それなりに費用はかかります。



上の画像はSUWADAのネイルニッパー。
私が普段つかっているものですが、もう普通の爪切りにはもどれません。
最近、足用も買ってしまいました。足用は刃がカーブではなく直線になってます。

持ち手も掴みやすく力が伝わりやすいです。
薄く繊細な刃で爪をしっかり掴んでくれるので切れた爪がプツンと下に落ちます。
とっても使いやすいですよ。

切る前に蒸しタオルで温めるとより切りやすくなります。

71m0G0urOVL__SL1477_


出来れば普段からの保湿をおすすめします。
皮膚の乾燥をふせぎ痒みの予防にもなります。

ドラッグストアなどで色々とでてますので
自分に合ったものをさがしてみてください。