PT(理学療法士)とOT(作業療法士)の違い

リハビリの現場ではPTとOTという言葉がよくでてきますが
違いが分かりにくいという声も耳にします。

理学療法士(Physical Therapist) 略してPT
作業療法士(Occupational Therapist) 略してOT

どちらもリハビリを行う職種というのは、なんとなくイメージできますね。
でも、どこが違うの?という疑問もでてきそうです。

そこで、その違いについて簡単に説明します。


理学療法士は寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなど
身体の基本的な機能回復をサポートします。
運動療法や物理療法、機能訓練などを組み合わせて行います。
medical_rigaku_ryouhoushi


作業療法士
は基本動作がある程度回復したあと、その人がなにができるかを
着目して作業や活動を進めます。
日常生活をその人らしい豊かな生活とするための支援をします。
medical_sagyou_ryouhoushi
ot015c
理学療法士、作業療法士 それぞれの役割があるんですね。
重なる部分もありますし、利用者さんにとってはどちらも必要な
リハビリですね。