手話と筆談のカフェ

main_image
文京区本郷にあるカフェ。

働いているのは全員耳が聞こえない方なので、
店内でのコミュニケーションは手話か筆談です。

店名の由来は視覚言語である手話を連想させるカフェを
イメージして命名したそうです。
gのなかにも目アイコンがありますね!
15af926d-s
店長さんの話によると、聴覚障害の方が就職した後の
離職率が高い理由に責任ある仕事を任せてもらえない
ということがあるそうです。

そこで、このカフェを始めることになったとか。

店内のホワイトボードには自由に書き込みができるようになっています。

ここでは「仕事旅行」という音声を用いずに働く体験も行っています。面白い試みですね
newsoup_t
ベリーベリースープのチェーン店です。

スープとスイーツが美味しいと評判ですが
カレーやパスタなどもあるみたい。
テイクアウトもあるそうですよ。

近くに行ったときは訪問してみようと思います。