窓について

窓という漢字を見ていると、壁に穴を開ける(穴冠)を使っていることは分かりましたが、その下にある(ム)と(心)が付いているのが理解できません。
調べてみると、旧字体では(窗)から、新字体の(窓)に変化していった由来があるようです。 
しかし、なぜ、(心)が付いているのかは不明のようです。
窓から差し込む朝日や、窓から臨む夕日など、窓越しに見る景色は、心を癒されます。
また、日本庭園では、窓を絵の額の様にして景色を眺める工夫がされています。
窓は、単に壁に穴を開けて、光を取り入れるだけの物ではないように思えてなりません。