床ずれ防止用具

床ずれとは、体重が集中する骨と寝具に挟まれた皮膚組織が圧迫され、血の流れが悪くなり、皮膚やその下にある組織が死んでしまうことを言います。またその他の要因としてズレやムレなども考えられます。
床ずれを防止するには、圧力の強さを小さくする、圧力のかかっている時間を少なくするの2大要因を減少させることです。
床ずれ防止用具の選定で、自分で寝返りができる、寝返りができない、により大きく変わります。
自分で寝返りができる人は、静止型マットレス、エアマットレス(薄型)を選定して端座位、離床を助け床ずれ予防段階の方にお勧めです。 自分で寝返りができない人は、エアマットレス(高機能型、体位変換型)を選定して、治療環境整備が目的になります
静止型マットレスには、ウレタンフォーム2層、3層構造による体圧分散型や、透湿性、防水性に優れ、ムレることの少ない低反発ウレタンで、突起物を効果的に除圧するものがあります。
エアマットレスには、空気を送り込む特殊なエアセルにより、体圧分散性能、除圧性能、ズレ対策、寝心地、座位安定性、ムレ対策、ひえ対策、、体位変換の8つ機能組み合わせて、利用者の身体状況を判定して最適な条件で安全、安心な環境を提供しる機能があります。