切妻屋根と寄棟屋根

日本の木造住宅の屋根で、特に多く見られるのが、切妻屋根と
寄棟屋根です。
切妻屋根は、屋根最上部(大棟)から下方へ2面、野地板が伸びて屋根の形状を構成します。短辺方向から見ると、4角い建物の上に三角の屋根が付いた、皆さんが頭にすぐ浮かんでくる、一般的な屋根のことです。
切妻屋根は、構造が単純なので比較的丈夫で、雨漏りが少なく、
メンテナンスも安価です。
しかしメンテナンスチェックは必要で、棟部、軒先、ケラバなどは注意しましょう。
寄棟屋根は、屋根の最上部から4方向の屋根面が分かれて下る屋根のことを言います。
切妻屋根とは違い、大棟一つだけの構造ではなく、4面を合わせている性質上、下り棟といわれる大棟から下がっていく棟が4つ存在します。
棟が交わる部分が雨漏りの発生することが多い場所です。
棟板金の難しい所で、しっかりしたメンテナンスが必要です。