入浴について

入浴は、1日の疲れを癒し、心身共にリラックスできるひと時です。日本人とって入浴は生活を営む上で欠かせない行為です。

も し、障害を負ったり、高齢の為に入浴出来なくなったらどうされますか。 入浴するには、脱衣から、座位の保持、浴槽の出入り等一連の動作が必要になりま す。 濡れて滑りやすい浴室で、浴槽をまたぐ等、バランスを崩しやすい動作はリスクが高く事故につながりかねません。 福祉用具を上手に活用して利用者や 介護者の負担を軽減しましょう。
介護保険を利用して購入できる入浴補助用具は、入浴用いす、

浴槽用手すり、浴槽内いす、入浴台、すのこ、介助用ベルト等

多くの種類があります。 入浴補助用具の選定には、利用者の身体能力、一連の入浴動作、使用環境、介助者の状態に着目しましょう。また入浴動作のシュミレーションをしても、浴槽にお湯を張り実際に使用してみると、上手に利用できないことも多々あります。

可能な限り、本人や介助者と細かな動作まで打ち合わせを行うことが必要に思います。