トイレの改修について

トイレへは1日に何回ぐらい行かれますか。
健常者は5~6回程度が普通です。
もし、トイレでの立ち、座りが苦になったり、トイレに行くことが苦になったらどうされますか。
和風便器から洋風便器に取り替えるだけで、座位が楽になります。 又、手すり1本付けることにより立位が楽になります。
手すりの位置は、便器の前から10㎝~15㎝程度前方に取り付けた方が立ちやすくなります。しかし利用者様の立ちやすい位置を検証されることも必要です。
トイレのドアーは一般的に幅が狭く60㎝程度しかありません。
車いす利用者様には入ることができません。狭いドアーを撤去して、できるだけ幅のあるドアーに取り替えるか、引戸に変更することにより、入りやすくなります。
この様な,洋便器への取り替え、手すりの取り付け、ドアーの変更等は、介護保険の受給者であれば、住宅改修工事の補助金で工事が出来ます。20万円の上限で1~2割負担です。
又、床に段差がある場合や、床材を滑りにくい材料に変更する場合も補助金の対象となります。