大隅良典教授とオートファジィーの研究

movie_medicine02
2016年のノーベル賞「生理学・医学賞部門」を

日本の大隅良典教授が受賞された。

長年のオートファジィー(自食作用)

の研究が認められた事による受賞である。
movie_medicine03
オートファジィー(自食作用)の研究とはどんなものか

。解りやすく言うと

「細胞内でごみになったタンパク質を分解し、

リサイクルする仕組みを解明したことが評価」された。

人間の体の筋肉、神経、内臓などを構成する

細胞の主成分はタンパク質で様々なアミノ酸でできている。

肉や魚、豆腐などの食べ物から体内に取り込むアミノ酸より

細胞内で不要になったタンパク質を分解して

再利用する方が多いらしい。