これからの福祉サービスのあり方

福祉に対するイメージの変化


福祉ロボット検定のオフィシャルサイト
「福祉に対するイメージの変化」を表した図がありました。
なるほどなぁと思いました。


人類が、日本が、地域が発展(エンパワーメント)するためには、想像力と行動力が必要です。
しかし人が人を面倒見て燃えつきてしまうと、やがて誰もいなくなってしまいます。


現在の福祉業界において人手不足、介護者の負担、老々介護等さまざまな問題が指摘され
される中でとりわけ介護の現場では「人が人を支援する」ことがベースにありました。


これからは支援が必要な場面に「ロボットを組み合わせる」ことで

                サービスレベルと生産性向上
             心理的ストレスや身体の負担軽減

が必要と考えます。

近いうちにロボット HAL の体験見学会に行ってこようと思います。