「サービス付き高齢者向け住宅」って何?

平成23年に「高齢者すまい法」が改正され、国の助成もあり急増したサービス付高齢者向け住宅「サ高住」。
新聞の折り込みにも新築「サ高住」のチラシが頻繁に入るようになりました。

それまでの、高齢者円滑入居賃貸住宅、高齢者向け優良賃貸住宅、高齢者専用賃貸住宅が「サ高住」に一本化されました。
「サ高住」とは、高齢者単身又は夫婦世帯が安心して居住できる賃貸住宅です。

4つの基準をみたせば都道府県に登録でき、建設・改修費の一部に対し国の補助があるのです。
1.居室の広さ
原則25㎡以上(キッチン、浴室、水洗トイレ、洗面台)または18㎡以上(トイレ、洗面台のみ)
2.建物内がバリアフリー
原則25㎡以上(キッチン、浴室、水洗トイレ、洗面台)または18㎡以上(トイレ、洗面台のみ)
3.サービス内容
生活相談サービス(介護職員初任者研修課程修了以上の職員が9時~17時原則常駐)
安否確認サービス
4.入居条件
60才以上

※「サ高住」の特徴
・入居一時金がなく(ある場合もある)手軽です。

・賃貸住宅なので外出も外泊も自由です。

・ほとんどの施設に食堂があり有料で食事を提供してます。

・介護保険サービスを利用する場合、フロントのサポートがあります。

・有料ですが介護保険でカバーできないさまざまな生活支援サービスがあります。


声掛け

生活援助

生活援助