社長あいさつ

da5d8d06b2e424049987eee3ec857f41
わたしは、28才の時にサラリーマンを辞め、掃除機のレンタル業をはじめました。
健闘むなしく、1年もたたないうちに廃業。
特に資金繰りには沢山の苦労をしてきました。

お金というのは、借りる方にまわってしまうと周りが見えなくなるものです。
立ち上げた会社は残念ながら倒産し、あっという間に大きな借金をかかえる事になっていました。

仕事とアルバイトを両立しながら借金の返済を、なんとか2年間で完済。
それから5年後、独立の再チャレンジをし、今の会社を設立しました。
その5年という「浪人時代」には

”なぜ、倒産したのか”
”なぜうまくいかなかったのか…”

ずっとこの事ばかりを自問自答する日々が続きました。


ある晴れた朝の事
ふと気が付きました。

「人のために役に立つことをする」
そうすれば、人も自分を助けてくれる。

当たり前のことのようで、いままでは自分の事しか考えていませんでした。
心の底から浮かび上がったその言葉は、人生の転換になりました。
それからというもの、自信を取り戻して、縁あって不動産業を始めて今日に至ります。


業務の一環で賃貸管理業をしていますと、お客様にも時代の変化があり
昨今は少子高齢化が進んでいる事を肌で感じる今日このごろです。
この状況で、何をすれば人の役にたてるのか―――

その答えが介護レンタル事業と介護のリフォーム事業でした。

今は、この分野で皆様のお役に立てるよう、日々取り組んでいこうと考えております。

                                          代表取締役 森山 敏明

scroll-to-top